大学生でもAGA治療は余裕でできる!

大学生AGA治療

公開日:2019/01/10

更新日:2019/01/10

 

 

大学生にはハードル高い?

AGA治療ってどんなイメージもっていますか??

 

高い?高額?危険?安全?

 

本当に生えるの???

 

 

いろいろなイメージあると思いますが、誰しもが思うことに金額があると思います!

 

そうです!お金です!

 

その誰そもが思う金額について詳しく調べていきましょう!

 

リアル金額

実際にどれくらいのAGA費用が掛かるのかは、通院するクリニックとどれくらい禿ているかによります。

 

 

ケース1

例えば、日本国内で最も安いクリニックの一つイースト駅前クリニックだとジェネリック医薬品のフィナステリド錠「サワイ」が3,900円です。つまり一か月分のAGA治療費が3,900円ということになります。

 

 

え?

 

マジで!!!

 

 

3,900円だったら大学生でも出来そうな気がしますよね。

 

この価格は、薄毛レベル軽度で東京都内に住んでいるケースです。

 

ケース2

もう一つのケースです。

 

福岡在住で、薄毛レベル重度だとします。このの場合は、月額で10,000円くらいはAGA治療費としてかかってしまうでしょう。内訳をみていくとわかると思います。

 

まず、東京のフィナステリドと福岡のフィナステリドでは価格が違います。地域差があるのですね。東京は3,900円ですが福岡の場合は、4,500円です。たかが600円ですが毎月の金額だからでかいですよね!

 

これが地域差の壁です。都会の方が安いのです。

 

 

また、薄毛が重度の場合はフィナステリド服用に加えてミノキシジルの塗布や服用も行わなければなりません。重度の場合であればフィナステリドは必須、ミノタブも必須と言って良いでしょう。仮にフィナ+ミノタブだと月額は10,000円くらいになると思います。

 

これだと少し大学生には面金額かもしれませんね。

 

 

このように薄毛がどのくらい進んでいるのか?どこに住んでいるのかによって治療費は大きく異なってきます。

 

ケース3

では少し極端な例を見てみましょう。

 

北海道稚内市に住んでいる軽度のAGA患者がいるとしましょう!軽度であればジェネリックのサワイ飲んでおけば抜け毛も抑制で着てOKです!ですが、近くにAGA専門の病院がないんです・・・・最も近いのが札幌市のAGAスキンクリニックです。

 

当然ですが、札幌市まで行くには交通費がかかります。時間もかかります。。。。

 

こんなの毎月なんて通ってられませんよね・・・・・

 

 

こういった場合は、AGA遠隔診療を利用するとよいでしょう!遠隔診療とは、遠方に住んでいる人でも地域格差が生まれないようにスマホなどのデバイスで診療できるようにしたものです。

 

例えば、稚内の人がAGAスキンクリニックで遠隔診療した場合、フィナステリド錠の処方を受けたとします。薬の価格は、4,800円で送料に800円かかります。合計で5,600円です。これならなんとか大学生でもやって行けそうですよね!

 

まとめ

賢く安いクリニックを選ぶのがAGA治療を長く続けるコツです。

 

特に遠方の方は、遠隔診療をうまく利用するといいでしょう!

 

 

都心、特に都内に住んでいる人は激安のクリニックをうまく利用しましょう!しかし激安クリニックは、本当に薬を処方して「はい!終了!」です。医師に質問したりコミュニケーションを取りたい方は、AGA専門クリニックを利用してより安さを求めるときに激安クリニックを使用しましょう!

 

初めてのAGA治療はやはり、専門クリニックで医師としっかり話し込むのが一番ですね!